脱毛の種類

  1. 顔脱毛サロンナビ TOP
  2. 脱毛の種類

脱毛の種類

●レーザー脱毛
黒色に吸収される波長のレーザーを照射することで、生えている毛や毛根にダメージを与えて、脱毛する方法よ。効果があるのは成長期の毛で、毛根に対して充分な熱量が当てられるのが、この成長期に限られるためなの。

毛周期に合わせて脱毛する必要があって、肌ダメージからの回復を待ってからの施術となると、2〜3ヵ月に1回のペースが一般的ね。黒色に反応するため、金髪や白髪、産毛など毛には効果が薄く、ワキなど濃い毛の脱毛に適しているわ。 以前、多く行われていた針(ニードル)脱毛に比べると、痛みはずいぶん軽減されているけど、多少なりとも痛みは感じるわね。輪ゴムを軽く弾いたような痛みから、瞬間的に激痛を感じる人まで個人差はあるわ。 施術後は日焼けと同じような軽いヤケド状態になるから、人によっては肌が赤くなったり、毛穴がポツポツするけど、だいたい1日くらいで治るようね。

肌が弱い人は炎症が引くまで2〜3日かかることも。施術金額は高め。そのかわりに脱毛効果は光脱毛よりも強いので、早く効果を感じられる方法ね。レーザー脱毛は医療行為とされているので、美容外科やクリニックで受けられるわ。



●光(フラッシュ)脱毛 【脱毛サロン】

レーザー脱毛と同じく、黒色に吸収される波長の光を照射することで、生えている毛や毛根にダメージを与えて脱毛する方法。レーザーよりも威力の弱い光を使用しているから、エステサロンなどで受けることができるの。成長期の毛根に対して光照射して脱毛するので、毛周期に合わせて脱毛する必要があるわ。

毛穴や肌がダメージから回復してからの施術にもなるので、2〜3ヵ月に1回のペースが通常よく見られるけど、人気のサロンによっては3〜4ヵ月に1回のペースになることもあるようよ。 レーザー脱毛に比べて痛みはより軽いと言われていて、中には全然痛くなかったという声も聞くわ。

でも、輪ゴムを軽く弾いたくらいの刺激を感じる人が多いみたいね。毛の太い部位、例えばVIOゾーンは激痛で脂汗が出たという人も少なくないわよ。 レーザー同様、施術後の肌は軽いヤケド状態になっているから、肌が赤くなったり、毛穴がポツポツと目立ったりすることがあるわ。 光脱毛はエステサロンで受けられるから、安い金額のプランがあるのが魅力ね。



●ハイパースキン脱毛 【脱毛サロン・ディオーネ】

ワタクシが今、一番注目していてオススメするのがこの脱毛法よ!今までの脱毛方法とは根本的に違う考えに基づいているのが、ハイパースキン脱毛。それはレーザーや光脱毛のように、現在生えている毛の毛根を焼き切るのではなく、これから生えてくる毛、すなわち休止中の毛の種にアプローチするから。

レーザーや光のように70〜80℃の高温ではなく、38℃の光なので痛くないし、肌を痛めることがない画期的な脱毛方法よ。肌への負担が少ないので、3〜4週間のサイクルで施術できるので、早いペースで処理することができるわ。 驚くことにまったく痛みがないのよ!肌へのダメージもなく、敏感肌やニキビ肌、色黒の肌でもOKの脱毛方法なの。レーザーや光脱毛だったら、敏感肌やニキビ肌、日焼けした黒い肌はお断りされてしまったけど、ハイパースキン脱毛ならそんな悩みからさよならよ。

その上、フェイシャルエステで使われている「フォト美顔」の光が3割も含まれているから、肌の再生が促されてコラーゲンが生成され、肌にハリ・ツヤが出てくるわ!レーザーや光脱毛で断られることの多い、敏感肌やニキビ肌、シミの部分でも施術できるし、美肌ケアもできるなんてスゴイわよ。 ハイパースキン脱毛は、黒色に反応して脱毛するわけではないので、なんと「うぶ毛」にも効果があるのよ。レーザーや光脱毛では効果が出にくいうぶ毛の脱毛ができるなんて画期的!顔脱毛にうってつけだわ。

光脱毛に比べると、だいぶ金額が高いのが難点。でも、痛くない、美肌ケアができる、効果が早いことを考えたら、決してコストパフォーマンスは悪く無いわね。


Copyright (C) 2013-2014 顔脱毛サロンナビ All Rights Reserved.