皮膚が薄いところは痛いんじゃない?

顔脱毛サロンナビ TOP 皮膚が薄いところは痛いんじゃない?


皮膚が薄いところは痛いんじゃない?

むだ毛を毛抜きで抜いたことはあるかしら?  まゆげを抜くのだって、毎日だとそこそこ痛いわよね。
自己処理で鼻の下やVラインのむだ毛を抜いたことがある人はわかると思うけど、それなりに痛みを我慢できるところと、そうでないところがあるように、どの脱毛方法でも皮膚が薄いところは痛みを感じやすいと言われているわ。
もっとも痛みの少ないと言われる光脱毛(フラッシュ脱毛)でも、「一瞬、熱いっと感じる」「パチっとした」という程度の痛みを感じる人がいるようよ。
よく「輪ゴムをはじいたような痛み」って表現されているわね。
じゃあ、実際に輪ゴムをはじいてみることを想像してたらわかりやすいかしら。
鼻の下、スネ、太もも、腕、ワキ(やりにくいわね)、そしてVゾーン…。やっぱり顔やVゾーンは痛そうよね。スネや腕なら我慢できるかも? 一般的にどの脱毛方法でも、VIOゾーンは皮膚も薄く、痛みを我慢できにくい部位とされているし、顔が一番痛いという人もいれば、太ももなど、ぜい肉の多いところのほうが痛く感じるという人もいるわね。

皮膚の薄い厚いに関係なく、太い毛がある場合や、脱毛初回(毛量がまだ多いときね)、ワキなどの毛が密集したところが痛みを感じやすいという人もいるわ。
照射するスペースが狭い部位と広い部位でも、痛みを感じる度合いは違うと思うわ。 『Q.照射する機械って熱くない?』でも書いたけど、「脱毛の痛みよりも、その前に塗る冷たいジェルが我慢できなかった!」と言う人がいるわ。その場合も皮膚の薄いところはより冷たく、痛く感じそうね。
それに、たとえばヒザ下よりも、広範囲の背中に塗られたときのほうが我慢できないわよね。痛みを感じる場所も人それぞれってことね。



Copyright (C) 2013-2014 顔脱毛サロンナビ All Rights Reserved.