歯列矯正しているんだけどできるかな?

顔脱毛サロンナビ TOP歯列矯正しているんだけどできるかな?


歯列矯正しているんだけどできるかな?

ワキや手足の脱毛だけで顔脱毛を考えてない人や、歯の矯正をしていない人にとって、「脱毛と歯列矯正って関係あるの?」って思うことでしょうね。 それが関係あるのよ。

顔脱毛のときだけですけどね(歯列矯正していても、もちろん身体の脱毛は問題ないわよ)。顔の脱毛でレーザーを照射する場合、できないところと言えばシミ、肝斑、ほくろ、まぶた(眼球が黒いから、反応するのを避けるためにね)、そして歯の矯正部分なの。虫歯は黒いだろうけど、歯の矯正といっても黒い器具は使ってないし、どうしてかしら? 矯正器具は一般的に平らに並んだ歯の上にあるわよね。鼻下やあごの脱毛でレーザーを照 射するとき、皮膚の下に歯列矯正のワイヤーや金具があると、機械が当たって唇の裏側を切るといったけがをする恐れがあるし、ワイヤーや金具が熱を帯びる場合があるの。

口の中はもちろん粘膜。熱を帯びたら即やけどしてしまうわ。最近は裏側から器具を付ける矯正もあるし、サロンによっては歯列矯正をしていても問題ないとするところもあるの。最初のカウンセリングで聞かれなくても、「歯列矯正しているんですけど」って言ってみるといいわ。

脱毛と矯正、どちらもお金がかかるもの。確実に効果を得るためにも確認してね。 ディオーネなら歯列矯正していても脱毛は可能よ。矯正中でも顔脱毛したいのであれば、ディオーネを行ってみるといいわ。 歯列矯正のほかにも、カウンセリングで聞かれないことが多いけれど、「もしかしたら施術NG」という人がいるわ。予防接種直後、感染病(B型肝炎など)、糖尿病、緑内障、薬物アレルギー、てんかんの既往症がある人などよ。「脱毛したいから断られたら困るし…」と症状を隠さず、あとでもっと困ることにならないよう、何でも相談することよ。




Copyright (C) 2013-2014 顔脱毛サロンナビ All Rights Reserved.